Book Review

『おのずからの世界』 加藤克己

歌人と宗教家は長生きすると言ったのは誰か。そして、この本にその秘密が隠されている。
加藤克己は、年々高齢化する現代日本の歌人群の星であろう。なんと言っても明るい。大正四年に生まれ、戦中から敗戦までの十年間を二十代として過している。しかし、戦争にまつわる歌人達の歌を論評する姿勢には浮世離れしたものがある。その確信犯的な明るさが、長寿の星たる所以だ。
加藤のモダニズムの本質は実は堀口大学訳の西洋詩、西脇順三郎や滝口修造らのシュールリアリズム理論から来ていることが語られる。そして近藤芳美や山本友一らと戦後逸早く「新歌人集団」を結成することになる。そのような経緯や日々の思いが随談の形で語られる。
加藤の妻を詠った挽歌がある。

  どの部屋を歩いてみてもどこにもいないおーいと呼んでも答えてくれない

加藤克己の足跡を知る格好の一冊である。

(角川書店 〒102-8078 東京都千代田区富士見2-13-3 電話03-3817-8536 定価2381円<税別>)     
[PR]
by Achitetsu | 2008-09-28 13:13 | 歌集評
<< Book Review 物そのものを詠う >>